読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的活動備忘録

TwitterID @a01_sumi03 の備忘録

好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜公開初日スペシャルイベント(ライビュ参加)

   12月17日開催の好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜公開初日スペシャルイベントに行ってきました(ライビュだけど)。

  

 この映画の原作、HoneyWorksはほとんど詳しくなく、映画の第1弾「ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜」は観たんですが今作どうしようかなと思っていた時に

 

1週間前にこの発表。星ひなとむ〜〜〜んの公録の前日だからチェックはしてたんですけどあすみん来ないならいいかと放置してたんですが、一転行くことを決意し近くの映画館でライビュチケットを買いました。不純な動機で申し訳ないとは思っている。

 実はイベントをライビュで観るのは初めてだったりする。

 

 イベントは映画本編放映→舞台挨拶→朗読劇→ライブの順番で進行していきました。

映画本編「好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜」(ネタバレ有り)

  HoneyWorksは女性向けの作品でベッタベタの恋愛ストーリーなのでそういうのが好きな方にはおすすめです(自分はのどっちかというと好きです)。今作単体でも楽しむことはできますが、世界観時間軸登場人物がほぼ一致する前作を観てある程度の関係性をわかっているほうがおもしろいと思います。

   「えっこれでEDかよ」というのが率直な感想。予告で一回失恋するのは分かってたんですけどそこから「転」があると思ってたので拍子抜け。話の元になっている曲もそこで終わっているので仕方ないのですが。

 舞台あいさつでも誰かが言ってたんすがラストで雛が小太郎の好意分かっているのにはぐらかすのは卑怯だと思います。

 

舞台挨拶

以下印象に残っているの抜粋

 麻倉もも「つらい描写が多く演じがいがあるが、役的にはドラマCDで一回フラれているのにまた演じるのは辛かった。」

戸松遥「前作と比べて良いお姉さんになれたと思う。」←「そうか?」と総ツッコミ

阿澄佳奈「今回はもちた君に見られてるだけだった。」

雨宮天「今作も出番あって良かったです。」

 

朗読劇パート

  内容は虎太郎のサプライズ誕生日会。惜しかった。前日が自分の誕生日だった…… あどりぶ少なめのまじめな朗読。(花江君のこたりんごパンチを除く)。オチで山本幸大役松岡君に告白を邪魔され虎太郎役の花江君がガチで台本を叩いた?投げた?ところで会場大爆笑で終了。濱中 翠役Geroさん朗読劇初挑戦なのに普通に上手かった。

 

ライブパート

はじめにセットリスト

 恋色に咲け / CHiCO with HoneyWorks

 告白ライバル宣言 / sana

 今好きになる。 / 麻倉もも

 花に赤い糸 / 麻倉もも

 ヤキモチの答え-another story-  /  阿澄佳奈

 告白予行練習 / 戸松遥

 病名恋ワズライ / 戸松遥

 初恋の絵本 / 豊崎愛生

 未来図 / 豊崎愛生

 金曜日のおはよう / Gero

 日曜日の秘密 / CHiCO×sana

 これ青春アンダースタンド / CHiCO×sana

 センパイ / TrySail

-------アンコール-------

 東京サマーセッション/CHiCO×sana 

 

 予習が足りなかったので知ってるの半分知らないの半分でした。予習してるかしてないかでテンションが変わるのでやはり予習はしとくべきですね。ライビュ会場は男女比1:9だったんですが現地は7:3くらいにみえた気がします。成人男性のほうが資金力は高いから仕方ないね。

 TrySailの「センパイ」のときはユニットらしくちゃんとした振り付けがあったんですが、申し訳ないんですがちょっと蛇足に感じました。歌詞に「好き」という気持ちがのっているので、振り少な目で一生懸命歌っている「今好きになる。」「花に赤い糸」のときの麻倉もものほうが可愛く作品的にあっていたと思います。

 阿澄佳奈「声優はみんな歌って踊れると思っているけど私はギリギリ違う世代だから」ライブパートで一番印象に残ったのはのこれ。

 

 以上まともにメモも取ってない雑イベントレポートでした。